伝統の女子教育

愛国学園の教育

校訓「親切正直」

社会人として ~ 自立できる女性の育成 ~
家庭人として ~ 家族を幸福にできる女性の育成 ~

〈創立者の言葉による〉
『社会人としては、豊かな知識と技術とをもって経済的に独立し、
家庭人としては、美しい情操と強い奉仕心とをもって一家幸福の源泉となる、
健全な精神と身体とをそなえた女性の育成を目的とする。』
これを達成するために、学園は創立以来職業教育に力を入れて
卒業後直ちに実社会に役立つ生徒を送り出しており、
又同時に教育の基盤を道徳教育において、「親切正直」を校訓に掲げている。
親切正直は全人類を貫く倫理であり、愛と真はすべての女性の魂でなければならぬ。
法、秩序を重んじ、礼儀正しく、公衆道徳を守り、
人に迷惑をかけず、自分の仕事に精を出し、進んで社会に奉仕する。
このように愛と真を発露し、
この美しい自分の国を更に一層美しくしてゆくことを生活の信条とする。
私達はこれを正しい愛国心ととなえる。

愛国学園の《徳育》-幸福な人生を送るために-

校訓の実践《無監督試験》 作文・書道教育にも定評があります
*「親切正直」の実践《無監督試験》
中間・期末試験の監督は各自の「正直な心」。
*体育の授業に伝統の《武道》
柔道・なぎなたなど、専門の教員が安全に配慮し指導しています。
*生徒銀行を活用した《貯蓄教育》
無駄遣いをなくし週に2回、1回100円以上貯金します。
*社会や家庭で活きる《生活指導》
家族が安心できるように、自身が社会に出て活かせるように、礼儀作法を身につけます。
*国際的な視野に立つ《海外研修》
3年生の夏休みは、アメリカでホームステイをして過ごします(希望者)。

愛国学園の《知育》-ひとりひとりを大切に-

作法室での道徳の授業
*将来の自立を視野に《進路指導》
社会に出て役に立つ資格を中学・高校の内から数多く取得することを奨励し、その先の進路へと繋げます
*すべての教科で行なう《道徳教育》
習得した知識・技術を正しく使うため、“心”が育つよう願っています。
*第1・3・5の土曜日は《普通授業》
学生生徒の本分は勉強です。まずしっかりと学習に励みましょう。
*追いつく《補習》・伸ばす《講習》
普段の授業だけでなく、長期休暇中や各種検定前には補習・講習を行ないます。
*医師・教授も担当する《専門教科》
家政科、衛生看護科の授業では併設上級学校の先生や、外部の先生、医師会などにもご協力いただいています。